ヘルニアナビ

ヘルニアの予防と対策

ヘルニアの症状などは理解できたでしょうか?

ここからは、腰椎椎間板ヘルニアをメインとしたヘルニアの予防とその対策についてお話します。

残念ながら、臍ヘルニアなど先天性のヘルニアでは予防できないとはいえ、その他のヘルニアの場合、予防することも可能です。

特に予防効果が高いのが、椎間板ヘルニアのほとんどを占める腰椎椎間板ヘルニアです。

発症する前に抑えられればベスト

鼠径(そけい)ヘルニアを代表として、ヘルニアというのは一度起こすと非常にクセになりやすく、治ったと思ってもすぐに再発する可能性が高いものです。

ですから、ヘルニアを予防して、発症する前に抑えるのがベストということになりますね。

以下に紹介することを全て守ったからと言って、100%ヘルニアにならないとは言い切れませんが、その確率は格段に下がるはずです。

ぜひ、普段の生活に取り入れてみましょう。

では、その内圧が高まる原因について紹介しておきましょう。

日常生活で気をつけるヘルニアの予防と対策

日常生活で気をつけるヘルニアの予防と対策

普段の生活習慣はそのままヘルニアの発生率と結びつきます。

そこで、普段の生活習慣についてちょっと質問してみましょう。

ハイかイイエで答えてみてください。

1:いつも同じ姿勢で座っている?

2:猫背ですか?

3:腰に負担をかけることを気にしませんか?

4:過去に大きなダイエットをした事がありますか?

5:中腰姿勢での作業が多いですか?

以上の5つの質問にハイが多いほどヘルニアはあなたのそばに近づいてきていると言ってよいでしょう。

ここでは、そうした日常生活で気をつけておきたいポイントについてお話します。

[ 日常生活で気をつける ]

運動でヘルニアの予防と対策

運動でヘルニアの予防と対策

より積極的にヘルニアを予防したいと思ったら、運動というものが大事です。

その中でも椎間板ヘルニアは運動によって予防しやすいものです。

なぜかというと、椎間板ヘルニアは基本的に普段の生活習慣プラス筋肉のおとろえによって発症しやすくなるからです。

肉体労働の人より、デスクワークの人のほうがヘルニアになりやすいというのはこれが原因なのですね。

そこで、ここでは無理せずに行える運動を紹介しましたので、無理をせず、普段の習慣として行うことが出来るようになるのが理想です。

[ 運動で予防と対策 ]

腰痛対策にいい室内でできるエクササイズ

腰痛対策にいい室内でできるエクササイズ

引用:腰痛改善にオススメのストレッチ http://www.youtsuufirmly.com/motion/exe.html

腰痛には腹筋を鍛えたりすることも大切ですが、インナーマッスルを鍛えるとより効果的だと言われています。

インナーマッスルと言われる深層筋は、俗に言うシックスパックなどの6つに割れた腹筋(腹直筋)などとは違い、呼吸や内臓の機能、姿勢の保持などに大きく関与している筋肉群です。

バンドでヘルニア対策

こうして頑張って予防しても、残念ながら腰椎椎間板ヘルニアを起こしてしまうこともあります。

これは腰椎椎間板ヘルニアになった人にしかわからないのですが、本当に腰が抜けたような感じで、力は入らないし痛むし…ましてや立ち上がるなんか絶対不可能、という状態になってしまいます。

そんなときに役に立つのがここで紹介する腰痛ベルトやコルセットです。

これらを使用すると随分と楽になってくれます。

頼りっきりになるのは困り者なのですが、上手く使えばヘルニア持ちにはまたとないパートナーになってくれるでしょう。

ここでは市販の腰痛ベルトと、お医者さんで処方してくれるコルセットについて問題点や正しい使い方などをお話します。

[ バンドでヘルニア対策 ]

ヘルニアの予防と対策のまとめ

どうしても予防のしがいがある腰椎椎間板ヘルニアに片寄った紹介になってしまうのが残念ですが、その他のヘルニアについても、やはり日常生活、運動などによって予防できるものはあります。

それに、なんと言ってもこうして紹介したことを守っていけば体力がつきますし、身体の調子もよくなってきます。

そうすれば間接的にではありますが、大半のヘルニアの予防につながってくるはずです。

無理をするのはよくありませんが、できる範囲で少しずつ行っていくのが良いでしょう。

ヘルニアの予防と対策の補足

これから先紹介する予防と対策は、そのままヘルニアになった場合のリハビリテーションとしても使用できます。

最初は腹式呼吸など、無理のないもので腹筋などがおとろえるのをふせぎつつ、次第に(身体と腰の様子と相談しながら)体操や散歩、運動などにつなげていきましょう。

リハビリテーションとして行う場合は、予防を目的とした場合に比べ、さらに慎重に行いましょう。


Copyright (c) 2008 ヘルニアなび All Rights Reserved.
Homeprivacypolicy.html