椎間板ヘルニアの手術方法を紹介

手術による椎間板ヘルニア治療

椎間板ヘルニアの手術はヘルニア手術の中でも多く、その手法もたくさんあるので、ここからは椎間板ヘルニアと、その他のヘルニアの手術方法の2つに分けてお話していきましょう。では、まずは椎間板ヘルニアのほうから紹介して行きます。その他のヘルニアの手術については、その他のヘルニアの手術のほうをご覧ください。

椎間板ヘルニアの手術について

椎間板ヘルニアの場合、大抵は保存療法が試みられます。(保存療法についてはヘルニアの治療法をご覧ください)しかし、感覚がないとか足に力が入らないとかいう症状が表れると、ヘルニアによる神経圧迫がかなり進んでいるとみなされて、手術を行うことがあります。椎間板ヘルニアは、ヘルニア全体の手術でもかなりポピュラーなものなので、色々な手法があります。それでは主な手術方法と、そのメリットやデメリットについて紹介しましょう。

髄核減圧系の手術

椎間板ヘルニアというのは身体の圧力によって椎間板にヒビが入り、中にある髄核がはみ出ている状態です。このはみ出た髄核が神経を圧迫し、各症状が出てくるわけです。髄核減圧手術というのは、この圧力を分散させ、結果的に圧力で硬くなった髄核を柔らかくすることによって、神経の圧迫を減らそうとするものです。減圧させる方法はいくつかあり、それぞれ以下のような名前で呼ばれます。

レーザー治療法

別名を経皮的髄核減圧手術(PLDD)と呼び、高出力のレーザーで髄核を焼いて椎間板内の圧力を低下させると言うものです。レーザーを照射するための小さい穴を開けるだけでよく、切開の必要がないのが最大のメリットです。また、切開しないために手術時間が短く(通常30分以内)身体へのダメージが少ないなどの優れた特長があります。

デメリットとしては、この方法が効きにくいヘルニアがあることと、保険が適用されないので費用がかなり高く(2〜40万円程度)かかることです。費用の面はとにかく、効かないことがあることをよく認識して、担当の医師と相談してから行いましょう。

経皮的髄核摘出術(PN法)

こちらは椎間板の中から髄核を必要量摘出する手術です。これを行うと、椎間板の中の圧力が下がります。圧力の減った髄核は空気の抜けたタイヤのように柔らかくなり、結果的に圧迫の軽減につながります。こちらも手術時間は1時間以内と短く、麻酔も局所麻酔で済む、身体への負担が少ないといったメリットがあります。

さらに、レーザーでは認められなかった保険が適用される事は特筆すべきでしょう。ただし、レーザー同様効かないタイプのヘルニアがあることや、過去に椎間板ヘルニアを手術した人には勧められないなど、いくつかの適応条件がありますから事前に確認しておきましょう。

髄核摘出系の手術

こちらは、要するにはみ出した髄核を取ってしまおうという手術です。髄核減圧系から見ると効果が高い替わりに大掛かりな手術になり、数週間の入院を要求されることになります。どちらがいいかは担当医との話し合いになるでしょう。

ラブ法(LOVE法)

背中側を数センチ切開して、腰椎部分を必要量削り、そこからはみ出た髄核を切除します。以前は目視で行っていたのですが、今では顕微鏡を併用して、より傷跡を小さくするように手術する、マイクロラブ法という手術もあります。

マイクロラブ方式では10日程度、ラブ方式では10〜20日程度の入院が必要なこと、全身麻酔を必要とすることなどのデメリットがありますが、はみ出た部分を削除するので、効果が高くて確実なのが最大のメリットです。

内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)

内視鏡と外筒と呼ばれる器具が入るだけの大きさ(2cmほど)を切開し、内視鏡の画像を頼りに外筒を使ってはみ出た髄核を切除するものです。ラブ法より傷口が小さい(つまり身体へのダメージが少ない)のが特長なのですが、手術自体が難しいこと、施術してくれる病院が少ないことがデメリットになるでしょうか。なお、ラブ法と共に保険が適用されます。

脊柱固定術

脊柱固定術は、脊柱に固定器具を埋め込むことによって腰椎を保護するものです。手術をして弱った脊柱を保護することと、再発防止を目的として、他の手術と平行して行われます。メリットとしては本来再発率が高いヘルニアの再発を、かなりの確立で防護できることがあげられます。

デメリットは一部が固定されるために違和感を覚えやすいこと、リハビリテーションの必要があること、医療用コルセットの購入なども含めて施術料金が高くなることなどがあります。保険そのものは適用されますが、それにしても支払額が100万円近くなることもあります。そういった費用など細かなデメリットに関してもよく調べた上で手術を検討するのが良いでしょう。

脊椎固定術の補足

椎間板ヘルニア、特に腰椎に起きた椎間板ヘルニアは、手術によって治しても生活習慣が変わらなければ非常に再発しやすいのが特徴です。今までの悪い生活習慣のツケとして椎間板ヘルニアになったわけですから、それを改めなければ元通りというのは当然の話ですね。

脊柱固定術はそういった面でも再発防止に大きな役割を果たしますが、生活習慣を改めなければ他の椎間板がヘルニアを起こす可能性もあるわけです。過信せず、生活習慣を改めること、背筋腹筋を鍛えるなどのリハビリテーションを行うなど、普段の心がけが非常に大事です。

椎間板ヘルニア手術のリスクについて

どんな手術についても、リスクというのは相応にあります。特に椎間板ヘルニアについては、すぐ傍を脊髄が走っており、間違えて傷つけたとあればさまざまな後遺症を残す可能性があります。その他、麻酔によるさまざまな危険性などなど、心配の種をほじくりだすとキリがありません。こうしたリスクをよく知る事はとても大事なことなので、よく調べて自分で納得のいく結論を出す必要があるでしょう。もちろん、その際は担当医との十分な意思疎通が必要になります。

椎間板ヘルニア手術のまとめ・手術費用と保険について

健康保険は基本的にレーザー治療以外には適用されますが、あくまでも“手術単体については”保険が利くということです。実際には手術後のリハビリテーションや、必要なら医療用コルセットなど治療用具の購入など、さまざまな追加金が発生し、その中には保険適用外のものもあることを覚えておいてください。

いずれにせよ、手術は大きな費用がかかります。健康保険だけではいざというときに困ってしまうことが多いので、生命保険・入院保険なども、考えておきたいものですね。特に、四十代以降では椎間板ヘルニアはもちろん、鼠径ヘルニアなどさまざまなヘルニアを発症しやすくなりますから、年齢を考慮して何らかの保険に入ると良いかもしれません。

ほうじょうカイロプラクティック
漬け心地らくらく。普段着感覚のサポーターです。機能性重視タイプからデザイン性重視タイプまで幅広く取り揃えています。
トップアスリートも愛用。骨盤安定タイプ、固定力重視のハードタイプなど、負担の大きいスポーツに対応したサポーターを取り揃えています。