しっかりとしたリハビリテーションが大事です。

リハビリテーション

椎間板ヘルニアの場合、手術などは全て対症療法になります。しかし、原因を治さなくてはちょっと良くなったと思えばまた再発するなど、なかなか根治する事はありません。(対症療法や原因療法については、ヘルニアの治療法に紹介してあります)そこで、ヘルニアになる原因を取り除き、再発を防止するのがリハビリテーションというわけです。ここでは腰椎椎間板ヘルニアのリハビリについて紹介していきましょう。

椎間板ヘルニアのリハビリテーションについて

腰椎椎間板ヘルニアの発症から、急性期(痛みの激しい時期)を過ぎたあたりでお医者さんに言われるのが、腹筋と背筋を鍛えましょうという言葉。急性期はとにかく安静にして、痛みをとることが最重点になります。そのためどうしても筋肉はおとろえるので、その分をカバーしようというわけですね。しかし、この時期はお医者さんも言うように、筋肉がおとろえているわけですから、ここで無茶をすると大変です。それでは、ここから時期を追ってのリハビリテーションについて話していきましょう。

急性期を過ぎたら

とにかく身動き1つでも涙が出る時期を過ぎたら、少しずつリハビリテーションを始めます。最初にやるリハビリテーションは、身体全体を使っての寝返りが適当です。普通の寝返りは上半身をねじってから、下半身が追いついてくるのが普通ですが、上半身下半身が同時に寝返りを打つことが出来るようにします。普通の寝返りを行うとヘルニアが悪化しかねないので、これは悪化させないためのリハビリテーションになるでしょうか。お医者さんに指導してもらって、腰に負担をかけない寝返りを覚えましょう。

上半身を起こしてみよう

上半身を起こすことが出来るようになったら、腹式呼吸(日常生活で気をつけたい予防と対策に詳しいやり方を載せています)を行う、ゆっくりと身体をねじってみる(痛みを感じたらすぐに戻し、徐々に範囲を広げます)といった簡単なものを行います。このときやりたくなるのが身体をそらして伸びることですが、これは椎間板を圧迫するので避けましょう。特に、後ろにそらすのは危険です。

立ち上がってみよう

続いては立ち上がるわけですが、このとき辛いようであれば腰痛バンドやさらしなどでサポートしてあげてもいいでしょう。大事なのは立ち上がるという行動です。一気に腰に負担が行かないように、台に手をつくなりして、手の力を借りつつ立ち上がりましょう。立ち上がってからも前屈や後屈は避けます。もしも身体のスジを伸ばしたければ、ゆっくり身体を左右にねじるほうがよいです。

歩きましょう

間違えて転んでしまうと一大事なので、ゆっくり足元を確認しながら、室内をうろつきましょう。辛いようなことがあれば無理はしないこと。合間を置いて繰り返すうちに次第に楽になっていくはずです。(歩いていてどんどん辛くなるようであればまだ歩くのは早いかもしれません)このときは腰痛ベルトなどでサポートしてもらったほうが安心です。

軽く運動しましょう

散歩や、体操など軽い運動を無理せず行います。体操をする場合でも、よほど症状が良くなければ前屈後屈系は避け、軽くねじるようなものを主眼に行います。この時期では整体やカイロプラクティスなども効果があるかも知れません。その際は信頼できる人に施術してもらうことが大事です。

筋肉をつけよう

ここまで来て、やっと腹筋・背筋を意識したトレーニングを開始します。しつこいですが、神経にキズをつけるとおしまいなので、必ず意識を集中し、無理はしないように、痛みを感じたら中断する姿勢が大事です。散歩や水中歩行など、身体に負担をかけないメニューをメインに組み立てていきます。

散歩は柔らかい土地を柔らかい靴で歩き、背骨(腰椎)に負担をかけないようにします。水中は体重を無視できるので、大変いいリハビリになります。ただ、泳ぐよりは水の中を歩くのがリハビリテーションには適しています。

椎間板ヘルニアのリハビリテーションのまとめ

椎間板ヘルニアが完治する可能性はあまり高くなく、大体は治ってはいるものの、しょっちゅう痛みを感じたり、鈍い感覚を残したりなど後遺症が残ります。それでもリハビリテーションを続ければ再発防止や、症状改善に役立ちます。健康増進にもなりますから、リハビリテーションはムダにはならないということですね。

ただ、リハビリテーションと共にやらなくてはならないのが生活改善。ムリな姿勢を続けない、重いものは二人で持つなど、こうした日常生活の心がけも立派なリハビリテーションです。こうしたリハビリテーションとアフターケアまでがヘルニアの治療だということを認識することが大事ですね。

ほうじょうカイロプラクティック
漬け心地らくらく。普段着感覚のサポーターです。機能性重視タイプからデザイン性重視タイプまで幅広く取り揃えています。
トップアスリートも愛用。骨盤安定タイプ、固定力重視のハードタイプなど、負担の大きいスポーツに対応したサポーターを取り揃えています。