ヘルニアに対抗する知識を身につけましょう

ヘルニアなびについて

ヘルニアといえば、鼠径(そけい)ヘルニアや臍(さい)ヘルニアか、腰痛の元である腰椎椎間板(ようつい-ついかんばん)ヘルニアを思い浮かべるかと思います。あまり知られていないところでは脳ヘルニアや横隔膜(おうかくまく)ヘルニア、食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアなど、さまざまなものがあります。このサイトはこうしたさまざまなヘルニアについて、正しい知識や対処を知ってもらうことを目的としています。

ヘルニアは症状名で、病名ではない

誤解されやすいのですが、ヘルニアそのものは病気ではありません。臓器が正しい位置からずれてしまい、場合によっては飛び出てしまった“状態”のことを言います。有名なのは冒頭に紹介したような椎間板ヘルニアや鼠径ヘルニアなのですが、そのほか身体の大抵の場所はヘルニアになる可能性があるわけです。ヘルニアそのものは病気ではなくあくまでも症状の1つだということが大事なのです。詳しくはヘルニアを知ろう!のページで紹介しますね。

ヘルニアは、起きる場所も原因もさまざまです。

例えば、脳ヘルニアは脳の内圧が上昇し、首の付け根の穴から脳がはみ出てきて、脳根幹部を圧迫している状態です。これが鼠径ヘルニアであれば。股の部分から腹筋の圧力で臓器が(大抵は腸ですが、女性の場合は卵管なども)はみ出てきた状態と、まったく違う症状・危険度です。

ただ、“臓器がずれている状態”という部分だけが一致しているので、両者ともヘルニアと呼ぶのです。ヘルニアと一口で言っても、さまざまなものがあるのはこうしたわけからです。

ヘルニアは意外と身近に潜んでいます

ヘルニアというのは珍しいものではなく、誰の身にでも起きるものです。特に現代人は運動不足で、しかも歪んだ姿勢を日常的に行うことに慣れてしまったせいで、椎間板ヘルニアや鼠径ヘルニアなど、筋力のおとろえを原因となしたヘルニアが増えています。これからは、ますますヘルニアに悩まされる人が出てくるはずで、残念ながらその中の一人にあなたが選ばれないとは限らないわけです。決して他人事ではありませんね。

ヘルニアに対抗しよう

上で話したとおり、いつあなたがヘルニアになるかもしれません。そこで、このサイトでは実際にあなたのお役に立てるよう、ヘルニアの知識、症状、原因といった情報から、予防するためのアドバイスと共に、もしもヘルニアになってしまった場合の治療や手術に至るまでを解説しています。解りやすくするため、以下の4つに大きく分けてみました。

ヘルニアを知ろう!

ヘルニアを予防するにも治療するにも、まずはヘルニアがどのようなものなのかを知らなくてはなりません。個人的な見解ですが「なんでこうしないといけないのか?」という理屈がわかっていない健康法や予防方法というのは、本当に長続きしないと思うからです。

例えば、椎間板ヘルニアを予防するために腹筋や背筋を鍛えろ、というのは良く言われますね。でも背骨(腰椎)のヘルニアなのに、なぜ腹筋を鍛えるのかわからない場合と、「腹筋や背筋は腰椎を保持するのに大切なサポーターで、鍛えれば腰椎をカバーできる」という理屈に納得して行うのではやる気も違うと思います。そのために、まずはヘルニアを理解するのが大事です。

ヘルニアの症状と原因を知ろう!

さっきも言いましたが、ヘルニアは発生した場所で、まったく違うものです。放っておいてもほとんどが自然に治ってしまう臍(さい)ヘルニアから、一分、いや一秒を争う脳ヘルニアまで、さまざまなものがあります。ここで、あなたが今気になっている部分の、ヘルニアの症状と原因について考えてみましょう。

ヘルニアの予防と対策

日常的な生活で気をつけるだけでも予防できるヘルニアがあります。ここではさらに一歩進んで、運動やベルトなどで積極的にヘルニアを予防してしまうことも考えていきます。もっとも予防に気をつけた人との差が出やすい椎間板ヘルニアの予防をメインに、その他のヘルニアも紹介しています。長続きしてもらうことを第一として、無理のない予防方法を中心に紹介していますので、少しずつでも試してみませんか?

ヘルニアの治療法

ヘルニアになっても、その治療方法は部位ごとに変わって来ます。ただ、共通しているのは急性の危険なものか、治療しても良くなる見込みが無いもの以外は保存療法(ほぞんりょうほう)といって、手術以外の方法で治すことが基本だということです。

ここではそれぞれのヘルニアの手術または保存療法について紹介しています。各治療方法のメリットやデメリット、保険は使えるのかどうかなど、実際に治療を受けるときに役立つと思うことを紹介しています。また、治療後のリハビリテーションにも触れてみました。

漬け心地らくらく。普段着感覚のサポーターです。機能性重視タイプからデザイン性重視タイプまで幅広く取り揃えています。
トップアスリートも愛用。骨盤安定タイプ、固定力重視のハードタイプなど、負担の大きいスポーツに対応したサポーターを取り揃えています。

〔関連サイト〕